街と芸人が一体になった祭りが、今年も始まります!

ご挨拶

私が、はじめて大道芸を見たのは昭和26年。
当時洋服店の見習いだった私は、配達途中に大須観音で行っていた大道芸を見入ってしまい叱られたことを今でも懐かしく思い出します。
今回実行委員長を務めるにあたり、大須での大道芸の歴史に興味が湧きいろいろと調べ、190年前 の文政9年(1826年)に大須東門前でラクダの祭礼行列が行われていたことを知りました。
そこで今年は、大須の大道芸(見世物)の起源と思われるラクダを呼び、大道芸人とともに行列を行おうと考えております。
お客様はもちろん、お祭りに関わるすべての方が楽しく記憶に残るお祭りにしたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

第39回大須大道町人祭実行委員長
小寺信男(東仁王門通/婦人服のマルイチ)

 

 

開催概要

2016年10月15日(土)、16日(日)

前夜祭14日(金)大須演芸場にて


 


 

 

おいらん道中 一般参加募集

お祭りの華ともいえる「おいらん道中」の「おいらん」と「かむろ」を募集しています。
9月24日(土)が締切です。
応募については、コチラをご覧ください。
「おいらん」の2次審査の流れについては、 コチラをご覧ください。
2次審査の面接で歩くことになる「外八文字」の歩き方は、コチラコチラの動画を参考にしてください。


 


 

 

ボランティアスタッフ募集

お祭りをお手伝いしていただけるボランティアスタッフを募集しています。
興味のある方は、コチラ にお問い合わせください。