街と芸人が一体になった祭りが、今年も始まります!

盛況のうちに終了しました!

たくさんのお客さまにご来場いただき、ありがとうございました!

 

 

実行委員長ご挨拶


私が、はじめて大道芸を見たのは昭和26年。
当時洋服店の見習いだった私は、配達途中に大須観音で行っていた大道芸を見入ってしまい叱られたことを今でも懐かしく思い出します。
今回実行委員長を務めるにあたり、大須での大道芸の歴史に興味が湧きいろいろと調べ、190年前 の文政9年(1826年)に大須東門前でラクダの祭礼行列が行われていたことを知りました。
そこで今年は、大須の大道芸(見世物)の起源と思われるラクダを呼び、大道芸人とともに行列を行おうと考えております。
お客様はもちろん、お祭りに関わるすべての方が楽しく記憶に残るお祭りにしたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

第39回大須大道町人祭実行委員長
小寺 信男(東仁王門通/婦人服のマルイチ)

 

 

開催概要

2016年10月15日(土)、16日(日)

前夜祭14日(金)大須演芸場にて
17:30開場 18:00開演
出演:おいらん道中、OS☆U、坂本 頼光、 ダメじゃん小出


 

 

 

本物のラクダが商店街を通る!「ラクダパレード」

江戸時代のラクダブームにあやかって「ラクダパレード」を催します!
衣装は手作り!芸人さんも多数歩きます!
当日配布するクラッカーで賑やかしに参加しましょう!
概要やコースはコチラをご覧ください。


 

 

限定Tシャツを会場にて販売

今年の大須大道町人祭のために、タトゥーアーティストのサバドさんが描いたラクダのイラストの限定Tシャツを、本部インフォメーションブースにて販売!
運がよければサバドさんのサインがもらえるかも?
一枚 3,000円(枚数限定)


 

 

お祭り最大のシンボル「おいらん道中」

明治時代、大須に遊郭が設置され、一大繁華街として栄えた歴史的背景から、祭の華として毎年「おいらん道中」が行われています。
一般公募で選ばれた女性たちが、華やかなおいらんに扮し、大須の街を練り歩きます。
コースや歴史はコチラをご覧ください。